メニュー

赤ちゃんのタバコの誤飲

[2017.08.15]

ハイハイや伝い歩きのできるようになった赤ちゃんは、

行動範囲が大きく広がります。

色々な事・物に興味を持ち、動きまわるのでますます目が

はなせなくなる時期です。

乳児は発達の過程の中で、口に入れて物を認識するようになるため、

手の届くところにある物なら何でも口に入れようとします。

子どもの届く範囲に危険な物はないか、常に子ども目線の高さで

確認しておくことが大切です。

赤ちゃんがタバコを食べたり、吸い殻や灰をなめてしまった時の、

緊急処置と対処方法はこちら です。

誤飲してからではなく、万が一に備えて先に読んでおくことをおすすめします。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME